本文へスキップ

生徒さんの声report















堀るりさん(会社員)

 私が田島先生の教室に通うようになったのは2年前の夏でした。仕事で中国とのやりとりがあり、中国出張もたまにあったので、日本語を話す中国人に少しでも頼らず、中国語を話したいと思ったのがきっかけでした。
 カタコトの中国語を現地で使ったくらいで、私自身はまったく中国語を習ったことはなく、ゼロからのスタートで不安もいっぱいでしたが、はじめから先生の授業が楽しくて飽きず、
仕事で疲れいても、授業の時間が楽しみになってきました。
 その後、会社の人事異動で全く中国語は使わなくなり、しばらくお休みをしていましたが、
やはり楽しい授業をもう一度味わいたくて、また通い始めています。習った内容より、忘れるほうが早くて、上達はまだまだですが、田島先生の教え方や授業を受けている社会人のみなさんの楽しい雰囲気を楽しみに続けていきたいと思っています。
 
年齢とともに、学ぶことは難しくなってくるけれど、いろいろな技?を繰り出して生徒を導いてくれる田島先生の授業をぜひ一度体験してみることをお勧めします。


山田悦枝さん(会社員)

 私は映画を見るのが何よりも好きで、特に香港映画の面白さを知ってからは、広く中華圏の映画やテレビドラマに興味を持つようになりました。そのうち、俳優たちが話す言葉を知りたいと思うようになったのが、中国語学習のきっかけです。
 NHKのラジオ講座を皮切りに、過去、中国語教室に2か所通いました。
 最初は市民講座の入門コースでしたが、人数が10人以上と多く、メンバーのレベルもマチマチで、授業の進度に不満がありました。
 二番目は、北京出身の先生が開く会話主体の教室でした。入門をやっと終えたばかりの私には荷が重く、先生の中国語を聞くだけに終わってしまいました。
 自身の性格や、中国語学習の目的を考えれば、まず読む・聞くに重点を置き、日本語と比較しての説明が重要だと感じ、3度目の正直でこの教室にたどり着くことができました。
 個人の進度に合わせた授業内容と適度な課題、そして授業の合間に聞く先生の楽しいお話との三位一体で、怠け者の私でも続けることができています。後は私が頑張るだけですので、中国語ドラマを餌に、授業の準備と復習に励みたいと思います。


T.Nさん(会社員)

 以前ネイティヴの先生とのマンツーマンのクラスに通っていましたが、文法的に消化不良になっている箇所があったり、一通りテキストを順番に進める授業内容だったりで身についている実感があまりありませんでした。そこで日本人の先生が教えてくださる教室を探していたのですが、大阪中文学習会はまさに理想的な教室でした。
 田島先生の授業では、ただテキストに出てくる単語を覚えるといった方法ではなく、色々な角度から出題されるので総合的な力がついていると感じます。すぐに使える表現が多いので、特にすぐに言いたいことが口をついて出てくる力をつけるには非常に効果的だと思います。
 授業時間は長いように見えて、内容がとても濃いので本当にあっと言う間に過ぎていきます。先生の留学時代のお話や中国に関するトピックなども面白く、良い息抜きになります。


宮本 寛之さん(公務員)

 2009年から田島先生の入門クラスを受講していたのですが、転勤の為1年間しか受講できませんでした。  その後は他の中国語教室で授業を受けたり、独学で中検対策をしたりしていましたが、昨年大阪に戻って来たのを機に、また田島先生に授業をお願いすることにしました。
 その頃は中検3級を取得していましたが、2級の壁は厚く、これ以上勉強を続けても中国語力を上げられないような気がしていた頃だったような気がします。
 そんな中、昨年から先生の上級クラスを受講していたところ、中国への赴任が決まり、より中国語力を伸ばすため、赴任までの半年間、田島先生に個人授業をお願いすることにしました。先生は、読み、書き、聞き取りと、総合的に力がつくよう授業の内容を組んでくださり、私の希望もあって、宿題を多めにしていただきました。
 正直なところ、最初のうちは、半年では何も変わらないんじゃないかと思っていました。
 ところが、半年の授業も終盤にさしかかる頃、明らかに以前より聞き取りができるようになっていることに気がつきました。聞き取りができるようになってきたということは、耳が中国語に慣れてきたことはもちろんですが、語彙、文法、語感等も徐々にわかるようになってきているのではないかと感じるようになりました。宿題をこなして、授業に出ているだけで明らかにレベルアップを実感できたのは本当に先生のおかげだと思います。
 よく考えてみると、田島先生は専門学校でも長年教鞭を執られていらっしゃる先生ですから、生徒のレベルアップは当然かもしれないのですが。とにかく、先生に授業をお願いできてよかった、というのが正直な気持ちです。
 田島先生の授業はオススメです。とてもアットホームですが、授業は適度に厳しさもあり、勉強を続けやすいのではないかと思います。また、中国語学習を通して様々な受講生の方と温かな繋がりができるのも田島先生の中国語教室ならではと思います。
 中国から帰国後、また先生のお世話になりたいなと勝手に思っています。


清野 優子さん(会社員)

初めて行った台湾で迷子になり、おばちゃんに助けてもらい感激、再訪してお礼を言いたいという願いから中国語習得を思い立ちました。学生時代に第二外国語として学んだものの、中途半端だったのも動機のひとつです。
ネットで見つけたのがこの教室。地理的、料金的にも良かったのですが、日本人講師、社会人向け、少人数、に心惹かれ、HPから垣間見えた先生の真面目そうなお人柄にも好感が持てました。実際に通いだして直感の正しさを感じています。
授業は我々の習熟度を測った丁寧な進め方で、継続させるための工夫が随所に感じられます。復習は欠かせませんが反復することで耳がなじんできたのか、中国語習得と称して視聴中の華流ドラマで、聞き取れる部分が増えて来ている気がします。また、クラスの仲間がいることで、足を引っ張らないように頑張らなくちゃ、というやる気も湧いてきます。これはなまけものの私にとっては大きなメリットです。がんばって継続して、いつか中国語での会話が楽しめるようになりたいです。

A.Iさん(会社員)

私はこちらの教室で初めて中国語を習いました。
覚えが悪く、声調が苦手な私は、最初の頃は挫けそうになり、途中で諦めてやめてしまうか本気で悩んだ位でした。
しかし、先生が根気強く教え、惜しみ無く協力して下さいました。また、同じクラスの生徒さんにも恵まれ、一緒に学ぶ楽しさも知りました。
今では、先生の熱心な指導のお陰で、少しずつですが成長していると自分でも実感しています。きっと先生でなければ途中で諦めていたと思います。今では授業が楽しく、頑張ってもっと上達したいと思っています。


三宅 英明さん(整体師)

大学の頃、太極拳を習っていたので、中国に対する興味もあり、第二外国語として中国語を選択していました。しかし生来の音感の悪さか、発音や四声がバラバラでついていけず、挫折してしまいました
ずっと何か外国語ができればいいなと思いつつ、何十年か経ちました
そんなある日、雑誌を見ていると「中国語を習いませんか?」という広告が載っていました。住所を見ると私の家の近所で、訪ねていったのが8年前です

田島先生は1人1人の状況、目的、性格、趣味、進歩等々に合わせて色々授業を工夫され、熱意を持って授業に当たられています。田島先生も太極拳を始め、様々な中国武術に精通しておられ、私と趣味が共通ということもあり、以来長いおつきあいをさせていただいています。流暢に会話が出来るまでにはまだまだですが、「歩みは遅くとも続けていけば何とかなる」と思い、現在に至っています。


岩崎 哲二さん(会社員)

学生時代に中途半端でやめてしまった中国語の勉強を再度やってみたいと思い、教室探しを始めたのですが、学生時代の経験から、中国人の先生に質問しても、こちらが質問した内容が上手く伝えられず、それが解消されないまま次に進んだりしたことなどがあったので、日本人の先生に教わる方がそういった点が解消されるのではないかと思い、こららの教室にお世話になることに決めました。
私は入門クラスから始めて、一年半弱経ちましたが、こちらの教室にお世話になって、発音、四声、単語など、何度も何度も反復練習することの大切さが、よくわかりました。授業の進め方も、型通りの決まりきったペースで進むのではなく、生徒の理解度を判断されて、柔軟に進めて頂いている様に思います。

川島 潤さん(会社員)

私は太極拳に興味があり、その延長で中国語を習うようになりました。
授業では、発音練習から始まり、基本構文・単語の音読、そして聞き取りの順に習ってきました。毎週音読と聞き取りを繰り返すことで自然に中国語になじんできました。仕事が忙しく、なかなか授業に参加できない時も補習の時間を設けて頂き大変助かりました。私が忙しくても教室を続けられる理由は、とてもまじめで優秀な同じクラスの方に刺激を受けたことと、中国語が楽しいと思わせてくれる先生の授業のおかげです。一からしっかりと中国語を学びたいと思っておられる方におすすめします。

津田 崇さん(会社員)

大阪中文学習会に通いはじめてもうすぐ1年になります。
仕事上中国へ行く機会があり中国語を習おうと探したところ、職場の先輩が通っていたこの講座を紹介してもらいました。先輩のすすめで何げなく行ったつもりでしたが、授業もフラットで非常に学びやすく、また受講料が安くそのまま1年がたちました。会話はまだまだこれからで簡単な単語や文章を話す程度ですが、いつのまにか発音力、聴き取り力がついているらしく、受講前と比べて中国の人と会話が通じるようになり、非常にうれしく思っております。

N.Dさん(教師)

田島先生の中国語教室との出会いは、私が大きな壁にぶつかっているときでした。田島先生は、苦手としているところ、欠けているところを、1つずつ埋めてくださる、とても丁寧で、わかりやすい授業をしてくださいます。
 また学習者としての先生の経験談も、私にとっては、毎回励みになっています。


K.Mさん(主婦)

私は留学中に剪紙という中国の切り紙を勉強したのですが、その剪紙の体験教室を開かせて頂いたのがこの教室を知ったきっかけです。 剪紙教室をした時の田島先生の丁寧な対応や、生徒さんの和やかな雰囲気がとても印象的で自分も通うことにしました。
 
 忙しいを言い訳に…あまり真面目に宿題もしてなかったので、先生やクラスメイトには迷惑をかけていましたが、私は、授業に出るのが楽しくて、仕事のストレスが溜まっている時でも、授業に出れば気分転換が出来ました。
 
 クラスメイトは博学な人が多く、ひとつの語句から、歴史やニュース、仙人から経済までと様々なジャンルの話に広がり、雑談…というには高度な内容で、中国語だけじゃなく色々な知識が増えていく面白さを感じました。
 
 出産・子育てが落ち着いたら、またこの教室に通いたいです。それから、復学できたら、学校のみんなで行く中国旅行にも一度参加してみたいと思っています。

吉賀亜紀さん(会社員)

私が中国語を学ぼうと思ったきっかけは仕事で中国の会社とやり取りするうちに中国に興味がでてきたからです。
 それまでは中国語に触れることがなく最初は不安でしたが、ゆっくりと丁寧に教えていただけるので、この1年とても楽しく勉強できました。これからも長く続けて行きたいと思っています。よろしくお願いします。

渡邉容子さん(会社員)

私が中国語を習おうと思ったのは、台湾旅行にはまり、言葉が通じれば現地でもっと自由に動けるのに・・・と思ったのがきっかけです。 インターネットで偶然見つけた教室でしたが、授業は非常に丁寧で分かりやすく、毎回きちんと復習をしてくださるので、ずぼらな私でも授業の内容が着実に身についていく気がします。
 また、教室の雰囲気もよく、クラスの方々にも恵まれて、毎週楽しく参加させていただいております。
 これからもできる限り長く続けさせていただきたいと思いますので、宜しくお願いいたします。

宮本寛之さん(会社員)

中国語を習い始めてみようかなと思っていたところ、既に田島先生の教室に通われている方からの紹介を受けて、実際に通い始めました。 数ある語学学校や塾の中から田島先生の教室を選んだのは、中国語の習い始めは日本人の先生がいいと聞いていたこと、田島先生の教え方の評判、仕事終わりにも通える時間帯であったこと、そして何より授業料の安さが決め手でした。
 実際に通ってみると、アットホームな雰囲気で質問もしやすく、生徒の意見を汲んで授業を進めてくださいます。もちろん、授業に備えて単語や文法の復習は必要なので、だらけることはなく、むしろ毎週適度な緊張感をもって授業に臨むことができました。 また、毎週の授業では復習をしっかりしてくださるので、そうして繰り返していくうちに徐々に中国語が身につくということも実感できました。授業のレベルも細かく分かれているので、全くの初心者の方でも同じような方と一緒に学べ、お互いに刺激し合えると思います。
 いろいろと書きましたが、田島先生の教室はかなりお勧めです。コストパフォーマンスの高さも素晴らしいと思います。少しでも気になった方は、体験授業に参加してみて、授業の雰囲気を体感されてみてはいかがでしょうか。

森 静恵さん(会社員)

私は中国語が飛び交う職場にいますし、両親が台湾人にもかかわらず、話せません。なので、少しでも話せるようになりたいと思い通い始めましたが、何事も継続が一番だと感じています。この教室に通い出してから早くも1年になろうとしていますが、通い始める前とでは基礎をしっかりと学んでいますので、聴き取る力が少しずつですが上達しているように感じます。同じ立場で勉強できるので外国人の先生から学ぶよりもとても分かりやすく、頭に入ります。
一歩一歩ですが目標をもって先生の元でしっかりと学んでいきたいと思います。

三好真砂子さん(会社員・主婦)

私が田島先生に中国語を習い始めて・・・早12ヶ月になりました。発音や声調をしっかり指導頂けるので、仕事上たまに中国語で電話の取次ぎや台湾からのお客様と話すことがありますが、「貴方の中国語は全部聞いてわかる!」すごく褒めてもらえます。先生のおかげです。
「知之者 不如 好之者,好之者 不如 楽之者」
これからも、楽しみながら ゆっくり 学んで行きたいと思います。

高見尚志さん(会社員)

この教室に通い出して早いもので2年が経ちました。仕事の関係で年に1回か2回出張するようになり、中国語会話に関心を持ち始めたのが4年ほど前で、初めはNHKラジオ、のちに大阪市が開催している20人ほどが聴講する市民講座に通うようになりました。いずれにしても一方通行でマスプロ授業では、個人の細かな部分に矯正の手が回らないのが実態で、一部の耳の良い生徒を基準に進んで行き、カタカナ読みの域を脱しないまま、中国人に通じない中国語を学んでいたような気がします。
 この教室では特に発音・四声にこだわったカリキュラムとなっていて、日本人だから仕方が無いとか大阪弁がきついからと諦めず、辛抱強く繰り返して指導して頂くうちに徐々に良くなっているなと感じます。発声の苦手な私には、特に読み方のプリントを準備してもらい毎週発音チェックをして頂いております。個人のレベルや弱点強化に向け色々工夫した授業は他所に無いものと思います。昨年あたりから中国出張時にやっとタクシードライバーに行き先が通じるように成ってまいりました。以前は客を客と思わない中国独特の‘エー’とよく言われたものです。
 これから中国語を始めようかとか、レベルアップを目指されている方は、是非一度体験受講をお勧めいたします。

青木砂里さん(会社員)

初めこの学校を知ったのはネットだったのですが、紹介のところで電話NO.が書かれておらず不安だったのですが、授業を見学させてもらい安心したのと、破格の料金に受ける決心をしました。
 
語学習得には反復作業は大事だと思う私には、今の授業は複習が充実し、先生の実体験を面白おかしく聞きながらの授業は印象に残り、とても為になる感じがします。
 
できるだけ長く続けていけたらいいなと感じています。 これからもよろしくお願いします。


葉上俊樹さん(会社員)

田島先生の教室へ通うようになり、早いもので、すでに丸3年が経過しました。
この教室に来る前に、私は大阪にある中国語の専門学校(2年制)に通っていて、その専門学校に田島先生が講師としておられました。 当時から田島先生の指導には定評があり、卒業後も田島先生にお世話になっています。
 この教室には素晴らしい点がたくさんあります。 
 実を言えば、私は他の中国語の教室にも数ヶ所通った経験があり、どこの教室もイマイチでした。
 私の過去の経験から言えることは以下の内容となります。
 
  他の中国語教室と違う点
 @ 先生の教え方が、とにかくうまい。 時には厳しいですが、生徒をやる気にさせてくれるし、自信も持たせてくれます。 また、適量の宿題(次回までに暗記しておかなければならない単語など)があり、少しの努力が必要ですが、自然とレベルアップしていきます。
 A 他校の中国人の先生より日本語特有の難しい表現を知り尽くした日本人である田島先生は、注意しなければいけない表現方法、ポイントをたくさん知っています。これから中国語を勉強される方はぜひ田島先生に教わるべきでしょう。
 B 授業料が安い。一度、他校と比較してみるべきです。内容も濃いし、低料金です。

徳重里江さん(薬剤師)

台湾ドラマ、F4にはまり、彼らが話していることがわかったらなぁというのが、中国語を勉強したいと思ったきっかけでした。テレビの中国語番組を見たり、本を買って勉強したりしたものの、中国語のピンイン、四声がいまいちよく解らず、これは習いに行くしかない!と中国語教室を探し始めました。
 授業は毎回きっちり復習をしていくので、いい緊張感があります。 語学を習う上で、発音は最も重要な要素だと思うのですが、先生にしっかり指導していただけました。
また、疑問に思ったことを質問すると、わかりやすく丁寧に教えていただけるのでとてもよかったです。
 台湾に旅行に行ったときに言いたいことを先生に教えていただいて、タクシーの運転手さんやお店の人に実際使ってみたり、 F4イベントのときに緊張しつつ言ってみたりと、ただ旅行に行くよりも楽しかったです。
 この教室でいい先生とクラスメートに恵まれ、毎週行くのが楽しみでした。

斉藤麻由美さん(主婦)

私は中国語とは全くの無縁でした。それが台湾アイドルのFANになったことがきっかけで、興味を持ち始めました。
 はじめは20歳を過ぎての外国語習得にとても不安を感じましたが、やれるところまでやってみようと思い、HPを見て田島先生に出会いました。 中国語習得には四声をきっちり習得しなければならないという情報を得ていたので、入門クラスで発音・四声に半年間かけるという田島先生の学習法はとても魅力的でした。
 実際に入学してみて、四声を習い始めるととても難しく、今度は逆に半年で覚えられるのか心配になった時期もありました。ですが、毎回毎回の授業で 「まあこれくらいならいいだろう」 と他の教室では流されてしまいそうな、間違っている発音もビシッと修正してもらえました。
 お陰で、習い始めてまだ1年ですが、少しずつ聞き取りも、簡単な作文もできるようになってきました。でもまだまだこれからです!地道ではありますが、田島先生のカリキュラムにお任せしていきたいと思います!!

鈴木師子(主婦)

私と大阪中文学習会、そして田島先生と出会いのきっかけは・・・なんといっても日本での華流ブームのさきがけである台湾のタレントF4の存在がとても大きいです。彼らを知らなければ中国語を習うこともなかったでしょうし、田島先生に出会うこともありませんでした。
 こちらでレッスンを受け始めてからはや2年半。田島先生のカリキュラムは私には非常にあっていて、日本人の先生ですがまるで中国人の先生のようにとても細かく厳しくそして丁寧に指導をしてくださいます。先日1週間の休暇を使って台湾プチ留学をしてきました。そのときの台湾人の先生が「とてもきれいな発音をしていますね」とほめてくださいました。これも田島先生のおかげだと思っています。また毎回行う声調練習や三字表現は単語の習得UPにつながっているようで、留学先の授業でもあまり困ることがありませんでした。
 私のこれからの課題は日常会話がすらすらとできるようになることです。そして大好きなF4と中国語で会話をしてみたいです。ここの教室には私のほかにもF4ファンの方が習いに来られているようです。そのせいか田島先生は結構F4に詳しいです。F4ファンで中国語習ってみたいな〜と思われている方、ここの教室おすすめですよ(笑

山田千穂さん(主婦)

私が中国語を習おうと思ったきっかけは、ずばり華流ブームにはまってしまったからです。好きな芸能人が何を話しているか、同じ言語を理解したい、これからは中国でしょ、という思いから習い始めました。
 田島先生の授業は楽しく、適度に雑談を入れてくださるのであっと言う間に80分が経ってしまいます。中国に留学されていたので、文化の違いなどが聞けて、とても興味深かったです。 ごくたまにですが、雑談で半分くらいの授業がつぶれることがありましたが、聞き上手な先生は、こちらが話をしたいこと、興味を持っていることに耳を傾けてくださいます。
 入門・初級Tを終えて、ピンイン・声調を細かく指導してくださり(こちらの癖をよく理解してくださっているので、間違ったところは何度もやり直しがあります)、習得できた単語、文章の数は300以上にもなります。
 これからは育児でしばらくは中国語から離れなくてはなりませんが、しっかり習ったことを復習して、少しでも忘れないようにしたいです。(自分に甘いので不安ですが・・・たぶん頑張ります!いや、きっと・・・)
 落ち着いたら是非、復学したいと思っています。 ありがとうございました。

石村浩司さん(会社員)

 約1年半目からレッスンに参加しています。発音、聞き取り、作文、三字表現など色々な学習のメニューが有り、それぞれ楽しく学習しています。  まだまだ会話など出来るレベルでないのですが、先月、半年ぶりに中国に行く機会があり、今回は会話が成立していると実感出来る場面が以前より多くありました。(結構、自分自身で喜んでます)
   
それは、レッスンメニューの三字表現のおかげだと本当に実感出来ました。反射的に反応したり、必要なことを的確に伝える場面で、いつものレッスンの反復練習が役に立ちました!やはり、日本人のプロの先生に習うことの良さを感じています。  今後も仕事の忙しさを言い訳にしないで(笑)がんばって勉強を続けたいと思います。

渡辺政子さん(会社員)

去年秋に初めて体験レッスンを受けてみて、田島先生のとてもわかりやすい講義を受けて、このレッスンなら優しすぎず、また難しすぎずついていけそうだ!と思い通うことを決めました。
 実際レッスンに通ってみると、そのクラスのレベルに合わせて、自分もレベルアップできたと感じています。何よりも嬉しかったのは、半年後に入門コースから初級コースにあがるときには、声調もピンインもいきなり出題されても、読みとることができるようになっていたことです。 まだまだ日常会話のレベルにはほど遠いですが…、焦らずじっくり身につけていくことができたらなぁ〜と思っています。

西窪千恵子さん(会社員)

私は今すごく後悔しています。 なぜもっと早くこの教室を見つけられなかったのだろうか!と。
 20世紀末にひょんなことで始めた中国語学習。 最初は中国人の先生に習っていたのですが、先生との間にだんだんと「ズレ」を感じるようになってきました。「母国語である中国語を外国語である日本語で説明される」ことにストレスを感じ始めていたのです。 日本人で中国語初心者の私が思う疑問点、例えばAとBの使い分けなどは、中国人の先生たちには理解していただけることが少なく、結果、「差不多」と答えられることが頻繁にありました。
 
「外国語を習うにはその言葉を母国語としている人から習うべき」と大手の語学教室では謳っています。でもそれは基礎を固めるまでは決してプラス面だけではないと思います。むしろ基礎を固めるのなら、日本人の先生に習う方が、ご自分も苦労して来られただけに初心者に納得のいく説明をしてくださいます。
 田島先生にもっと早く出会っていたら、私は遠回りすることなく、すんなりレベルアップができていました。たぶん。きっと。かもしれない…。

小川栄子さん(会社員)

仕事で行った中国で、姿形の似た中国人スタッフと英会話(それもつたない英会話…)でしか話せず残念だったことが、中国語を学ぶきっかけでした。
 「学ぶなら田島先生から!」と会社の先輩の強い推薦を受けて私の中国語学習がスタートし、以来覚えて忘れ、覚えて忘れて、3歩進んで2歩半さがりながらも何とか続けています。
 
この教室に通っているのは、授業が聴く、読む、書く、話す、というそれぞれの力をバランスよく伸ばすように練られた内容であることに加え、授業では必ずあたるという緊張感があること、さらにクラスメートから刺激を受けながら受講できること(※クラスの雰囲気は良く、授業の後に遊びに行くこともありますよ。)が大きな理由です。
 また、もともと中国の歴史や文化にほとんど興味がなかったのですが、中国語を始めてからなぜか中国の歴史を題材にした小説や映画を見る機会が増え、だんだんと中国に興味を持つようになったので、授業以外の趣味のコース、研修旅行にも楽しみながら参加させていただいています。そうすると友人も増え、世界も広がっていきます。
 社会人になると、何かを始めることが億劫になりがちですが、私は先輩の言葉にちょっと乗ってみたら違う世界が広がり、本当に良かったと思っています。

福島由美子さん(会社員)

2006年の4月から中級クラスで学んでいます。
 私は特に発音と声調が苦手なのですが、間違うとすかさず先生の鋭い指摘を頂き、冷や汗をかきながら頑張っています。私にとっては緊張感を伴う授業ですが、それを忘れさせるほどユーモアのある田島先生の授業内容と暖かい皆さんに助けていただき、毎回楽しく充実した気持ちで参加しています。
 
これから中国語を始める方や基礎を見直したい人には特にお勧めです。

渡辺泰人さん(会社員)

毎週授業の日(私は金曜日)が来るのが楽しみ。重要な会合以外のアポイントはすべて断るほど中国語の魅力にとりつかれた私が居ます。1週間に1度の学習ですが、自分の中国語力が少しずつ向上していくのが自分自身感じることができ、それがとても快感で嬉しく思います。
 私のクラスは5人ですが、途中から入ってこられた生徒さんが3人。3年前はわずか2人のクラスでしたが、学力に合わせてクラス分けされており、毎週楽しく学んでいます。みんなで学習後に飲みに行ったり、アットホームで和気あいあいの会です。
 
私が田島先生(老師)と出会ったのは67年前(あまり定かに覚えていない)。ということは、私の中国語学習歴も67年。入門当時は「ニーハオ」くらいしか知らなかった私を、田島老師が(約半年かけて)発音から丁寧に教えてくれました。この間、かなりの量の単語や文法を学んだけれども、覚えては忘れ、また覚えては忘れ…、を繰り返している今日この頃ですが、多少は聞き取れ話せるようになったのでしょう(か?)
 大阪中文学習会には、中国語検定に燃えるクラスもあれば、会社で生かそうと頑張っている人もいるそうです。私はあくまでも趣味の領域。中国語検定にこだわらず、楽しくゆっくり学んでいこうというスタイルを貫いています。子供達が巣立ち、夫婦2人で中国を訪れ、楽しい旅行が出来ればと考えていて、その時初めて中国語の真価が問われるのだ!と今から遠くて近い将来を楽しみにしています。
 大阪中文学習会の番外編も見逃せません。すべてが自由参加ですが、謎の中国人露天市場探索、水餃子作り講習、中国切り絵学習、整体体験、太極拳講習、海外体験ツアーなど、中国に関わる体験が盛り沢山。私も露天市場巡りや水餃子作り、整体などを体験させていただきました。時間と金があればすべてを制覇したいのですが、これもゆっくり時間をかけて楽しみたいと考えています。
 皆さんも是非、中国語を様々な個性、スタイルで楽しもうではありませんか。
 まずは、大阪中文学習会の扉をノックしてください。

八尾真子さん(会社員)

私が続けていられるのは、授業に適度な緊張感があり、息切れしないペースであること、宿題がめったにないこと(宿題が多いと挫折します)、文法を丁寧に教えていただけること、がその理由です。ついでに、授業の前や合間の先生と皆さんのお話は「有意思」です。

前田偉津子さん(看護士)

 「いつから通ってるの?」と聞かれたら答えたくないくらい長いのですが、こんなでも続けてこられたのは、休みが続いても、いつも温かく迎えてくれる仲間と田島先生のおかげです。若いと思っていた先生の髪にも白いものが混じるようになり、随分優しく?甘く?なられたような気がします。
  ついつい怠惰になる私ですが、これからも続けていきたいと思いますので、よろしくお願いします。とにかくアットホームな教室です。覗いてみてくださいね。

愛澤万紀子さん(会社員・主婦)

中国語の学習を始めて早や9年目。「進歩得很慢」は年齢のせい(?)。 さすがに緊張感はなくなったけど、狎れることもなく、いつも新鮮な気持ちで学ぶことが出来るのは、田島老師のカリキュラムのおかげです。 来年の旅行、楽しみにしています。

清水かおるさん(主婦)

「中国映画が好き」、というだけの何気ない気持ちで始めた中国語ですが、気づけば習い始めて5年以上経っていました。 これだけ続けられたのも、週に一度仕事帰りに教室で先生や同学と楽しんで勉強することが、ストレス解消&気分転換になっているからかもしれません。勉強って本来ならストレスが溜まるものなのに、不思議なものです。
  そして、その何気ない気持ちで習い始めた中国語が、みんなと行った北京旅行で中国人と話せるまでに成長しました。「継続は力なり」です。継続したいと思う環境ってとても重要で、この教室がそれに最もふさわしいんじゃないかな、と今感じています。

岸本哉子さん(会社員)

「僕たちの席、空いたよ。」と中国の人が声をかけてくれたのは、Teabreak で大忙しの Cork  city Cafe でした。友だちとの席を二人分確保するのはセルフ式の Cafe では大変で、Irish ばかりの中で Asian の私が目立ったのでしょうか? 席を譲ってくれたのが彼らだったのでした。
  中国語の勉強は老後のボケ防止の為に、と先延ばしにしていたのですが、その出来事は、日本に帰ったらもう一度中国語をやり直してみようと思わせる出来事でした。
  それまでいくつもの中国語教室に通いました。(1 term のもあれば、Native との交換学習 etc も) それぞれが、それぞれの style method での学習。それはそれで一つ一つが適切なものでありました。
  しかし、その中で一つだけ、私が戻ってもう一度最初からやり直して参加したい授業がありました。それが今のスタイルのクラスでした。
  外国語の授業って、どんな授業でも休んだりすると次の週から行きづらくなって足が遠のいてしまうものです。仕事をもっていればなおさらに!!
 ここのクラスだけはそうではありませんでした。先生も、生徒の方たちも、授業のスタイルも、雰囲気も、全てが受け入れてもらえるものでありました。毎日毎日クタクタになって仕事をしている自分の心の休憩室となっているのです。  もちろん中国語の勉強も、日々仲間と少しずつ進歩しながら。
 頭打ちだった私の中国語の能力も、皆と一緒だったら上達できるかもしれない…、と思わせてくれるクラスです。

川瀬唯夫さん(会社員)

 中国語を始める動機は人様々と思いますが、入門期の入口は一つで、ピンインと四声の基礎をしっかりマスターすることが特に重要だと実感しております。
  私は最初習いに行く時間がなく、ラジオ講座で独学から始めてしまい、田島先生の講座を初めて受けた時、発音がデタラメであることを自覚し、ショックを受けたことを覚えています。
  田島先生は、発音については特に丁寧に指導してくださいますし、実力がつくにつれ、読む、聞く、話す、書く、の力をバランスよく伸ばすように、日本人講師ならではのきめ細かさで教えていただけます。
  中国語学習の醍醐味は、ただの音にしか聞こえなかった中国語が突然聞き取れたときでしょう。私も数年前、北京からの帰りに中国国際航空の空中小姐のアナウンスが聞き取れたときは、とてもうれしかったことを覚えています。 クラスの雰囲気も良く、授業中の先生や同学們との中国(語)談義、また折々のイベントもあり、とても楽しく学習できます。

中沢由香里さん(主婦)

語学を続けるのはなかなか難しいことです。しかも、平日北浜まで通わなければならないので、大変です。
 それでも私が続けることが出来たのは、少人数でクラスが仲良く、先生とも距離が近くて楽しいからです。よく授業が脱線しますが、それも良いところです。
 しかし、授業は適度にきびしく、きちんと覚えなくては、という気になります。 楽しくても、やることはきっちりやる先生です。 土日に時々開催される趣味のセミナーもおすすめです。

石田和美さん(会社員)

最初はとっても不安な思いで中国語を習い始めましたが、なんとか3年弱続けています。
続けられている理由は、本当なら中国語を話したいという欲求が一番に来るはずなのですが、正直な気持ちで考えると、一緒のクラスのメンバーがいいからだと思えます。(二番目が話したいという欲求です。)
 決まった曜日の決まった時間に必ず会う学友たち。授業中も和気あいあいとしていて、授業の内容よりも、その学友たちと会うのが楽しみで通っているという部分が大きいです。
 語学勉強となると堅苦しい感じがありますが、私たちのクラスは時折笑いが起こったりする明るい雰囲気で、先生の対する質問もしやすいクラスです。わからないところを気軽に尋ねられる雰囲気があるクラスと、その雰囲気を作り上げている先生と学友たちがいるから、中国語を学び続けていられるのだと思っています。

阪口明美さん(会社員)

私のクラスの先生はおもしろい。だから続いている。先生の中国語以外の雑談を聞く為にもう2年も通っています。
 一つ言えるのは、人間には先生になるべくして生まれてきた人とそうでない人にわかれると思う。ネイティブと言えど、中国人であるだけで中国語を教えられるのなら、私は日本語を教えられる。中国語は発音が難しいから日本人の先生じゃなく中国人に習った方が、と思われる方もいると思うが、先生になるべくして生まれてきた中国人でないのであれば、日本でとても中国人っぽく、かつ面白く、教えるのが上手な先生に習った方がよいと思う。
 なので私は先生をお薦めする。この雑談好きなクラスも好きだ。中国語がうまくなるかどうかはわからない(笑)。自分しだい。でも中国がどんどん好きになるのは間違いない。

林 敏洋さん(建築士)

水曜中級クラスの林と申します。中国語を純粋に趣味で学んでいる50代のおっさんです。よくいうところの万年中級者ですが、じりじりと前進を続けております。
 さて同じ語学ですから、英語等のヨーロッパ系言語を習うのも中国語を習うのにも、もちろん多くの共通点があります。しかし同時に驚くほど異なる面も混在しています。それは言葉だけでなく、あらゆる分野での中国と日本の関係の複雑さです。我々の身中には根がらみになって切り離せない漢文化があると同時に、また驚くほど異なる面も混在しています。そのあたりをしっかり識別しながら勉強していく過程で、中国を理解するのと同時に日本への理解も深まっていくというのが、中国語学習の特有の難しさであり、また醍醐味であると思っています。ここに他の語学以上に、同じ日本人に教わるメリットがあります。当会の先生方からは皆、ご自身の苦労された経験を踏まえて、日本人が踏み込み易い迷路を適度に体験しつつも、無駄な深入りはせずに学習をすすめていけるような指導をしていただけます。一刻も早く中国人と丁々発止と会話したいという方には、少しじれったいと思われるかもしれませんが、あせりは禁物です。あの手強い国の人と言葉を相手にしていくには、格好の学びの場であると自信をもって当会をおすすめします。

梅津えり子さん(会社員)

大阪中文学習会で約一年学んでおります。クラスは少人数でアットホームな感じで、楽しく学ばせていただいており、しかも終わった後でいつも「もっと勉強しなくては!」という気持ちを起こさせてくれる授業です。
 田島老師は時には厳しく、時にはお手柔らか(?)で、自信を持って教えて下さるけれども、決して押しつけがましくなく、今まで習った先生方の中で一番頼れる先生だと思います。
 課外授業もいろいろとあり、特に修学旅行が楽しみです。

蓮井麻城子さん(会社員)

なんとなく始めた中国語ですが、いざ授業を受けたら先生が要求するレベルは高かった。でもそれは授業そのものではなく、勉強に対する姿勢に、でした。 だから、今は中国語だけではなく、何かを習得するというの本質も学んでいます。
 語学学校は色々ありますが、どこで学ぶのかより、誰に学ぶかも大切です。

亀田尚代さん(会社員)

田島先生から「このクラスは特別だから」と大目に見ていただいている大阪中文学習会唯一の和み系のんびりクラスで学んでいます。 授業はまずみんなが持ち寄るお菓子で お茶タイムから始まり、笑いの絶えないクラスです。
 
肝心の中国語の方は? ですが、それでも先生に辛抱強く丁寧にご指導いただきながら、気心の知れた仲間と和気あいあいとした雰囲気の中で楽しく学習できるので、なんとか続けてこられたと思います。
 時々ある講習会も、変わったおもしろい講座が多く、楽しみの一つです。

阿部加寿美さん(会社員)

中国旅行と中国語の音を聞くのが大好きで学び始めて、はや10年近く。平均的日本人のレベルからしても、かなり理解力不足の私を根気強く指導してくださる田島老師には、いつも感謝しています。
 声調練習、音読、聞き取り、テキストなど、メニュー豊富なあっという間の80分。会社に勤めながらなので予習は大変ですが、私の様なぐーたら人間は、そういう事が無いと、帰宅してからテキストも開かない状況になってしまうので、今ぐらいがちょうど良いです。

斉藤英子さん(会社員)

私が中国語を始めたのはちょうど震災後でしたので、もう7、8年になります。
 最初は別の教室で習っていましたが、もっと少人数で教えていただけるところを、と思っていたときに、田島先生と出会いました。 授業はヒアリング、購読、会話等多岐に渡っており、退屈するヒマもありません。
 また少人数ですので授業中たくさんあたりますし、発音も直していただけるので、声調の苦手な私にとっては、入門時からお世話になっていればと悔やまれます。
 自宅学習は宿題をこなすのが精一杯、というこんな私も、昨年は中国語検定準2級に合格できました。田島先生に教えていただいたことを吸収していけば、必ず成長できると確信しています。

河端正美さん(主婦)

私は、以前北京で大学に通っていた経験がありましたが、その後日本で田島先生に出会って、本当に驚きました。 中国での勉強よりずっと身になる教え方をしてくださり、私の苦手な分野を見抜き、克服できるように丁寧に指導していただきました。
 そして、今回主人の転勤で今は上海に住んでいますが、田島先生に教えていただいた中国語の基礎のおかげで、楽しんで学べるようになっていました。 これからもこちらでも学び続けていきたいと思います。
 真剣に中国語を身につけたい人、ぜひ田島先生の授業を受けてみて下さい!

今村信子さん(主婦)

田島先生の授業は決して易しくはありませんが、その生徒の力を伸ばすのに何が必要かを的確に把握して教えて下さるので、安心してついていけます。本当に上手になりたいと思っている人にお勧めです。

大阪中文学習会

〒541-0041
大阪市中央区北浜1-9-10
北浜宗田ビル2階202
京阪・地下鉄北浜駅から徒歩1分
証券取引所を出て左に曲がる

★お問い合わせはメールでお願いします